公演案内

Tpakumanoehon_2
2010年10月1日(金)〜11日(月)
新宿サンモールスタジオ
前売り:3800円 当日:4300円

作 :谷 賢 一
演出:石丸さち子

出演

市井紗耶香  田村 真
岡田あがさ  杉浦大介
田中 里枝  針原 滋
難波真奈美  田中伸一
松田かほり  野口卓磨
佐伯静香
羽根桐香



詳しくは、Theatre Polyphonic サイトをご覧ください。
チケットのお申し込みは、こちらから!

2010年10月 1日 (金)

本番前日!

いよいよ初日を迎える日がやってきました!!

前日は本当に繊細な照明を練りに練って、
時空間絡むこの芝居をより素敵なものへと作り上げました。

役者もスタッフも全力投球で本番へと挑みます。

是非サンモールスタジオまで!

お待ちしています。

2010年9月30日 (木)

小屋入り

本日よりサンモールスタジオに入りました!!

やっぱり劇場は素敵です。
いろいろなものがグンと入って来た感じです。
本物のセットもとっても深みがあって、ますます芝居の熱があがります。
照明も、今回は時空間が入り交じるのでそれに合わせて、繊細な照明で、とっても素敵でぞくぞくします。
音はヴァイオリンの音色が格別です。

明後日が初日。
是非サンモールスタジオへ!

2010年9月29日 (水)

稽古場おさらば。

本日にて稽古場での稽古が終了いたしました。
今日は稽古場最後の通しでした。

皆々様、しあさってに迫った本番に向け、更に加速してまいってます。
何よりも密なこの芝居。
ほんの少しの気の緩みも厳禁です。

明日小屋入り。
本番の舞台での稽古、そしてゲネを重ね、いよいよ開幕です。

2010年9月28日 (火)

カウントダウン。

今日で3日前になりまして、稽古場での稽古も残る1日となってしまいました。

芝居もどんどんヴァイオリンのワックスが木肌に馴染んでいくようなそんな味わい濃くなってきています。

たくさんの魅力が詰まっているこの作品。
なんといっても個々の人々の思いがとても強いと思います。
愛の形も色々あって、ある1人の作家に向けられた女性からの愛の形も実にさまざま。
そしてそれをとりまく人々も。

そんな全てを思い出させる為に奔走する川田という役は実に色々な思いを一身に受け止めることでしょう。

そしてお客樣方も。

この2時間にぎゅぎゅっと詰まったお話を、是非サンモールスタジオまで見にいらしてください。
お待ちしてます。

2010年9月27日 (月)

Wの魅力

本日は、Wキャスト広田さんで通しをいたしました。
初の広田版での通しだったのですが、市井版とはまた違う仕上がりに☆
この芝居の中の世界を全て呼び起こす役割である川田という役を、Wキャストで演じることによって、それぞれ違った印象を受けるのです。
それはWキャストの魅力であり、市井さん広田さんそれぞれの魅力が顕著に反映されるのであります。
どちらもまったく違った魅力さゆえに、同じ芝居をふたつの魅力で楽しめる。そんなWの魅力。
是非両方見て頂きたいものです。

2010年9月26日 (日)

1週間後!

初日迄一週間を切りました。
はやい!

今の稽古場にいられるのも、あと4日です。
本日も通しを致しました。
日に日にテンポがよくなっていくせいか、タイムもちょっとずつ短くなっていっています。
ぎゅぎゅっと凝縮されています。
そうです、色んなものが凝縮されているのです。

昨日はオフ日だったのですが、作業日でありまして、この芝居のもうひとつの主役ともいえるものがほぼ完成いたしました!実に象徴であるものです。
さて、それは何でしょう??

そして今回あまりにも素敵な音楽を奏でてくださるヴァイオリン奏者の西谷さんに、とうとう本日演技の指導が入りました・・・!!
うーん、気になりますねえ。

残り少なくなって来たこの稽古も、是非日々精進を目指しながら本番へと進んでいきたいと思います。

2010年9月23日 (木)

生・・・??

今日は最後の残暑かと思われる日でした。

今回の芝居は、なんと!ヴァイオリンの生演奏での
音響です。

とても素敵な音色に皆癒されてます。

そして、また生演奏ならでのは緊迫感もすごいです!!

繊細な芝居ならではの生演奏。

これから毎日通しにて、更にじっくり深みのある芝居になっていきます。

1週間後はもう小屋入りしてます。

皆様是非サンモールスタジオへ☆

2010年9月22日 (水)

完全体へ。

おとといに引き続き今日も通しを致しました。
前回よりもぎゅっと詰まって、どんどん良いものになっていっています。

装置のひとつも完全体へと変化していってます☆

これから毎日通しを実施し、目前の本番迄更なる飛躍の為、
稽古に励んでいきます!

2010年9月21日 (火)


写真は田村氏と杉浦氏。
僕が真っ正面から写真を撮っている事に目もくれず、二人でシーンについて話し合っています。

昨日は通し稽古が終わって、「こんな芝居なかなか観た事ないなぁ」というのが僕の正直な感想。
客席はL字型だし距離は近いし、あんな芝居を近い距離で観ちゃったらドキドキしちゃうわ、て思いながら観てました。

上の写真の二人と同じように、皆が意見を遠慮なくぶつけ合える稽古場です。日々新しい何かが生まれています。僕は今、何かとんでもないものが生まれるのではないかと期待しています。

演出助手 坪井彰宏

2010年9月20日 (月)

通し①

通しをしました!

時間はかったり、段取りをみたりするためでも
あったのですが、
なかなか一幕ものだと大変なことが多いです。

そして稽古も残り9日。
あっという間です。

勢いやテンションよりも丁寧さや内なる炎が求められるこの芝居。
役者に求められるものも大きいです。

約一週間の稽古で、より励んでいきます。

演出助手 野村千絵

«誕生日!

最近のコメント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31