2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

石丸の仕事

« 俳優私塾第二期生募集中。 | トップページ | Information »

2010.03.17

POLYPHONICはこんなところです。

四月からの新しい出会いのために、今通ってくれている俳優たちに、POLYPHONICについて書いてもらいました。
ちょっと誉められすぎなところもありますが、彼らのくれた気持ちをそのままここに載せていきます。

***

良い出会いは、どんな場所にでも必ずあると思っています。

でも、どこに行ってみるか、決めるのは難しい。
人と人だから合うあわないはあるだろうし、
考えだすと不安になったり、躊躇したり…。
(三十代の私が、年齢不問となっていても色々と悩んだように。)

でも、POLYPHONICの稽古場には間違いなく、
石丸さんという素敵な指導者との出会いがあります。
一人一人のことを考え、認め、
ひとりひとりに心を尽くしてくれる。
そんな方です。

私自身は、稽古場では自分が情けなることも多いし、
ドロップアウトしそうになったことも一度や二度じゃありませんが、
そんな時も石丸さんは、一歩前に進むために
言葉も心も尽くして、とことん付き合ってくれます。

年齢経験不問、参加資格はやる気があること。
低いようで、恐ろしく高いハードルです。
毎日、やる気(勇気)が試され続けてます。
でも、まだまだお世話になりたいと思います。
……間宮あゆみ

***

昨年7月、ゴールドシアターの公演が終わって長いお休みに入ったとき、まず、石丸さんが始められたPOLYPHONICの稽古の見学に行きたいと思いました。 
途中参加ということ、いつまで参加できるか判らないと言うこと、たぶん最高年齢(63歳)ということ、いろいろ気になることはありましたが、とにかく行ってみようと思いました。 
あの時、決心して本当に良かったと思える場所です。
夏の暑い日から今日まで、週4日間、先日の「楽屋」公演の前は連日、それは厳しい稽古でしたが、こんなに熱く、辛抱強く、嘘のない言葉で、私たちを教えて下さる石丸さんに出会い、新しい発見があり、出来ないことが少しずつでも出来るようになっていく喜びを感じ、若い仲間に支えられて貴重な経験が出来ました。
POLYPHONICはそんな素晴らしい時間が共有できる場所だと思います。
……加藤素子

***

POLYPHONICで学べるのは芝居だけではありません。志や普段の行動も変わります。いろんな事に対する価値観や考え方だって変わるかもしれない。それくらい影響力のある稽古場です。もちろんそれだけ厳しい稽古場でもありますが、そこには間違い無く愛と情熱が溢れています。
僕はPOLYPHONICに入って、人が本気で芝居に取り組んだ時、そこには言葉には出来ない真実や感動や喜びがあるんだと言う事を学びました。これからもずっと芝居と向き合って行きたいと思っている僕にとって、それを肌で感じられた事は一生の宝物です。
……小山順之

***              

自分の今持っているものも、まだ出せていない部分も、一緒に探しながら本気で育ててくれる。
自分自身にやる気と追求心があればどこまでも伸びて行ける気がする。
俳優私塾のいいところは、相手がいること。
自分以外の生徒の稽古を見て学ぶ、見られて成長できる部分がたくさんあると思う。
色んな年代の人がいるのも楽しいし、新しい人達にも是非出会って一緒に芝居がしたい。
……羽根桐香

***

私は、初め個人レッスンを受けてから1期生に入ったのですが、何故そうしたのかというと先生という人が演劇を知らない私には物凄い衝撃だったからです。そして、何か運命を感じました。1年間、演劇と真剣に向き合おうとすると、色々なことが私の中で起きてきて、2ヶ月近く物が喉を通らなくなったり、心が通わず泣いたり、予想外のことに感動して嬉しさでいっぱいになったり、世の中ってこんなに鮮やかなんだって徐々にですが感じられるようになりました。
……山田さつき

***

自分が抱えている壁に、真剣に向き合ってくれて、一緒に立ち向かってくれる。
役を演じて行く上で、
舞台の上で生きた人間になることを教えてくれる。
芝居に、台本に、役の人物に敬意をはらい、真摯に向き合うことに気づかせてくれる。
そんな経験豊富で、エネルギッシュで、愛に溢れた、素敵な石丸さち子さんの下で学べた1年でした。
必ずレベルアップ出来ます!!
また素敵なメンバーが集いますように☆彡
……浅木栄二

***

51歳でPOLYPHONICに入れていただき「あつこさん」と呼ばれて1年が経ちました。
その間、私を名前で呼ぶ人を3人も亡くし、家族や自分自身の病気も。これでもかと押し寄せる荒波に、心が折れそうになる1年でした。POLYPHONICがあったから乗り切れたと思っています。
稽古場へ行けば、熱い魂と真摯な眼差しがありました。厳しい稽古と笑顔がありました。紙の上の言葉が生きて立ち上がるのを目の当たりにして感涙したことも1度や2度ではありません。POLYPHONICに流れる時間は、間違いなく「濃い」です。
……山口敦子

***

私は怖がりで人と深く関わることを恐れていました。そんな私を石丸さんやPOLYPHONICのみんな、そして演劇が変えてくれました。
今までの人生で覚えた表面的なコミュニケーションや、愛想笑いは石丸さんにすぐに見破られてしまいました。だからこそ、丸裸で、ありのままの自分で芝居と向き合うことができました。
ここにくればきっと、新しい自分に、たくさんの可能性に出会えるはずです。
……翁長明子

***

僕は、11月からの参加なのですが、石丸さんに出会えて本当によかったなぁと、心から思っています。
石丸さんの良いところを紹介しようってなったら、伝えたいのは、「愛」があるっていうところ。
生徒との距離や関係が気持ちいい。
今の世の中で、誰かの為に真剣に考えて、笑ったり、怒ったり、泣いたりなんていちいちやっていたら疲れてしまう。
学校の先生だって、今はドラマみたいな熱い人は全然いなくなったし、悪いことは悪いって叱ってくれる、近所のおばさんだっていない。
でも「誰かの為に真剣に」を当たり前にやってくれるし、そういう生き方しかできないように見える。
それは、何か見返りが欲しくてやる偽善じみた事なんかじゃあ全然ないから、こっちも絶対にそれに応えなきゃってなる。
石丸さんを喜ばせたいって。(芝居が昨日より良くなったり、おおきな仕事を決めてきたり…先生、ちょっと待ってて!)
感覚でいったら、家族っていうのか、お母さんっていうのか、姉さんなのか(でも、素直に喜ぶ姿は少女みたいにかわいい)
なんだか上手く書けないけど、生徒に対して飾らなく正直者だし、どんな質問しても真剣に聞いてくれる、そんな家族のような先生。
だから、稽古中は自分の心の中に、ズドンと入ってきてくれて、今自分がやったことが、どうだったのか教えてくれる。
やっていて、悔しすぎて泣いたり眠れなかったりすることもあったけど、着実に一歩一歩前に進んでいくのがわかる。
褒められた時の嬉しさは、やっぱり頑張った分に比例する。
自分の演技が少し変わった時に、芝居が楽しくなった。
見えなかった景色というか、初めての感覚に快感を覚えた。
入る前に持っていた自分の演技論みたいなヘンテコな考えは、先生がくれる愛で変わってきました。
出会えて四ヶ月しか経ってないのですが、僕は本気で先生についていこうと思っています。
そして絶対にいつか恩返ししようって思っています。
……藤代太一

***

私にとって、ここは言葉で言い表せないほど尊く、大事な愛しい場所です。
濃密。厳しくて優しくて熱くて悔しくて感動して落ち込んで笑って楽しくって!

約一年通ってみて、演劇って本当になんて人間なんだろう、とつくづく思っています。やっぱり重厚に面白さを感じる。そう思わせて貰えたのは、他でもない石丸さんのただならぬ指導があってこそ。

石丸さんは稽古中によく「そこにいる人間が見たい」と言います。
ぼんやりと生きてきてしまった私は戯曲に書かれた登場人物の一言一言が全然体現出来なくて眠れない日もあるけれど、ちょっとでも出来るようになったと思える事があるともう嬉しくて嬉しくて、本当に幸福な気持ちになります。

ほぼ毎日、いろんな年代のいろんな個性の生徒の芝居を見て、感じ、刺激を受けて心が揺さぶられるし、一緒にやると尚更で、そういう魅力も図り知れない。

石丸さんはたまに稽古を見ている時、その役になったような表情をしたり、頷いたりします。本当に演劇を心から愛しているのが分かるし、生徒の一人一人をよく見ててくれているのを感じます。
そして演劇者として、私が想像も出来ない程の相当な努力と苦労と命を削り獲得してきた宝物を、惜しみなく全力で教えてくれます。

私はこんなにも強く厳しく優しく面白くガンガン鍛えてくださる先生を他に知りません。
だからこそ、その気持ちに応えたいし出来るようになりたいので必死になります。

気持ちの部分や私生活でも強く、前向きになっていきます。
以前の私はちょっとした事で落ち込みやすくて弱くてしようがなかったけど、どんなに私生活で苦しく辛い事があっても、やってみなくちゃ分からないし、とりあえず前に進んで行こう!という考え方になりました。
そういう姿勢は稽古場で石丸さんから学びました。
私にとってまだまだ出来ない事はあるけれど、何があろうともいつでも前向きに明るく前進していく姿を、生き方を尊敬しています。

私はこのPOLYPHONICで演劇に、みんなに、そして石丸さんに支えられて生きているなと実感しとても感謝ています。

4月から新生活が始まりますが、この経験を思い出としてではなく、学んだ事をこれから先自分の人生の糧として活かして行こうと思っています。
……青島翠

« 俳優私塾第二期生募集中。 | トップページ | Information »

稽古記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳優私塾第二期生募集中。 | トップページ | Information »

***

  • Twitterボタン

稽古Tweet