« 喪ったもの。 | トップページ | 本よ、本よ、本たちよ! »

2008年2月26日 (火)

40代半ば、初眼鏡。

■目がかすむ、肩が凝る、頭痛がする。
心配になってMRIとCTを撮ったのは、一昨年の年末のこと。
問診では「明日の記憶」に出てきた若年性アルツハイマーのテストが出てきたりして、ちょっとドキドキ。
結果。
偏頭痛の原因は脳内には見あたらず、眼精疲労と、眼精疲労による肩凝りが原因ではないかという診断だった。
その日はすぐに眼鏡をつくるつもりが、すぐにのど元過ぎてしまった。

■目のかすみ、肩の凝り、頭痛、さらに悪化。
こりゃもうだめだと、ようやく眼鏡屋さんへ。
渋谷で、駆け込み。
検眼してみると、右目が0.1左目が0.9…………え?…………両方1.5だったのに。
この左右のアンバランスと、見えるつもりで目を酷使する仕事をしていたことは、確実にわたしを蝕んでいたに違いない。
フレームを選ぶのもドキドキ。
お店の人の協力を得て、あれをかけ、これをかけ。
どれをかけても「わたしじゃない!」ってところから、ようやく「なんか……自然?」と思えるものを見つけるまで、ずいぶん時間が必要だった。
でも、眼鏡って高い。わたしがたまたま入った店は、フレームがほぼ3万円以上。レンズを入れたら、結局6万7千円。
引っ越しを控えて出費の続くところに、またお高いお買い物。うーん、いいか、これで安心と健康が買えるなら。
眼鏡をかけて自転車で街を走ると、久々に見るくっきり世界。
上目遣いでフレームをよけ裸眼世界、真っ直ぐ前見て眼鏡世界。
ぼやけた世界と輪郭のはっきりした世界を交互に楽しんだ。
帰宅して鏡を見ると、なんだか秀才さんみたいな顔に笑ってしまう。

■幼い頃から眼鏡をかけている人に言うと笑ってしまわれそうだが、眼鏡を買うことが今日の一大事件だった。
「はじめて」って、こういうことだよなあ。
わたしは「はじめて」を教えることの多い職業だ。一昨年から続けている市民ミュージカルの活動でも、わたしに導かれて老若男女が「はじめて」を楽しんでいる。その感動は、確かにわたしを感動させ、自分の初心を思い出す。
いつまでも、ウブな心で居続けたいなあ。
ウブでいると心が痛みすぎて生きているのが辛くなるようなことばかりだけれど、でも、上手に、自分のウブな部分を守っていきたい。

« 喪ったもの。 | トップページ | 本よ、本よ、本たちよ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。