« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月13日 (土)

石丸さち子 略歴

■早稲田大学第一文学部演劇専攻卒業Photo1

■1980-1986 シェイクスピアシアター・黒テント赤い教室・加藤健一事務所・勅使川原三郎KARASなどで、俳優武者修行

■1986-1993 俳優としてニナガワスタジオに参加

タンゴ・冬の終わりに/オイディプス王/血の婚礼/貧民倶楽部/虹のバクテリア/なぜか青春時代/ギプス/ペールギュント/1991・待つ/1992・待つ/NINAGAWAマクベス/千年の街のクリスマス/1993・待つ(以上 蜷川幸雄演出作品)
ベルナルダ・アルバの家(岩田達示 演出)

■1993-2008 蜷川作品中心に演出助手・演出補をつとめる

春/魔女の宅急便/テンペスト/にごり江/NINAGAWAマクベス/昭和歌謡大全集/近松心中物語~それは恋/王女メディア/ロミオとジュリエット/ハムレット/元禄港歌/パンドラの鐘/三人姉妹/グリークス/火の鳥/三文オペラ/四谷怪談/オイディプス王/夏の夜の夢/桜の園/ペリクリーズ/新・近松心中物語/キッチン/近代能楽集/天保十二年のシェイクスピア/タイタス・アンドロニカス/あわれ彼女は娼婦/オレステス/コリオレイナス/恋の骨折り損/藪原検校/エレンディラ/カリギュラ/リア王/わが魂は輝く水なり/ガラスの仮面(以上 蜷川幸雄演出)
ファルスタッフ・アナザデイ(白井晃演出)
PURE LOVE(小池修一郎演出)
HIMSELF(グレッグ・デール演出)
赤鬼(野田秀樹演出)
労働者M(ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出)

2006- 秩父市民ミュージカル発足・監修

2007「お世話になります」(石丸さち子構成/演出)
2008 「赤鬼」(野田秀樹作/石丸さち子演出/音楽)
2009.6 The Sound Of Music ガラコンサート(石丸さち子訳詞/構成/演出)

■2007 新国立劇場演劇研究所NNTドラマスタジオ第三期生シーンスタディ
     「街と町の間にて」(宇野イサム作)を演出

2009- 俳優私塾POLYPHONIC開設(演出と俳優教育)

2009.2 「ACCIDENTS」(宇野イサム作 石丸さち子企画/制作/構成/演出)

2009.10 ACROBAT DANCE COMPANY  G-Rockets公演
         G-Liveにて短篇「控室」を演出
2009.10 秩父市民ミュージカル公演「花と嵐と女たち」(作/作詞/演出)

2010- 演劇企画Theatre Polyphonicを旗揚げ

2010.2 俳優私塾POLYPHONIC第一回公演「楽屋」演出

2010.8 「ガラスの仮面〜二人のヘレン」(蜷川幸雄演出)補作詞・演出補

2010.10 Theatre Polyphonic旗揚げ公演「悪魔の絵本」谷賢一書き下ろし作品
     (企画、演出)

2010.12 秩父市民ミュージカルドラマティックコンサート
     「ミュージカルに憧れて」(構成・演出)

2011.3 俳優私塾POLYPHONIC公演「ACCIDENTS 2」(構成・演出)

2011-  IN-Projectを、ヴァイオリニストの西谷国登氏と結成

2011.6 IN-Project Vol.1「命と祈りの120分」

2011.7   サンビームミュージカルキッチン ドラマリーディング「ペール・ギュント」演出

2011.8 谷賢一作演出「Caesiumberry Jam」に俳優として出演

2011.10 秩父市民ミュージカルドラマティックコンサートVol.3 構成・演出・出演

準備中……

2011.11  IN-Project Vol3「Breath & Beat 呼吸と鼓動の120分」(企画構成・演出・出演)
2011.12  伊藤靖浩アコースティックソロライブ(企画・構成)

2011.11.3-5 IN-Project 「Breath & Beat」構成・演出・出演

2011.12.16 伊藤靖浩solo Live 企画・構成・演出

2011.12.14/19 俳優私塾POLYPHONIC第三回公演「赤鬼」(野田秀樹作)演出

2012.3.11 江戸博物館主催アンサンブル室町公演「塔にみる夢、未来に捧げる祈り」にて、第一部「エッフェル塔の花嫁花婿」演出

2012.7.10-12 Theatre Polyphonic第2回公演 結婚披露宴会場で演じられる「三人姉妹」企画・演出

2012.10.12-14 「EYES」作・作詞・演出・出演(島田スタジオ 企画公演)

2012.12.4-9 Theatre Polyphonic第3回公演 音楽冒険活劇「ペール・ギュント」企画・作詞・演出・出演

2013.3-7-10 俳優私塾POLYPHONIC第4回公演 「テネシーの女たち」構成・演出

2013.6.12 アンサンブル室町公演「帝国の建設者」演出

2013.7.16-21 Midtown International thetaer Festival参加

         ミュージカル"Color of Life" 作・作詞・演出・プロデュース

2013.9.30 Midtown International thetaer Festival AWARDSにて、最優秀ミュージカル作品賞、最優秀作詞/作曲賞、最優秀演出賞を受賞。

2014.1.14-19 俳優私塾POLYPHONIC第5回公演「燕のいる駅」土田英生作 石丸さち子演出

2014.8.16-30 Theatre Polyphonic第5回公演 ミュージカル「タールピット」

        石丸さち子 作・演出

2015.1.3 名取裕子朗読劇「女優」松井須磨子〜愛と舞台に生きて 上演台本

2015.3.25-29 「サンタ・エビータ〜タンゴの調べに蘇る魂」作・演出(水夏希・今井清隆主演)

2015.7.9-12「魅惑のチェーホフ」構成・演出(輝馬、山本一慶、黒羽麻璃央、岸本拓哉 主演)

2015.8.1-2「芥川龍之介の恋」演出(木ノ本嶺浩 主演)

 

2008年9月12日 (金)

■俳優修業コース

■ 俳優修業コース(1年間・年齢経験不問)……入塾費3万円→1万円 月額3万円

(週に2回ずつ通うコース……月額2万円)
(参加する毎に一回ずつレッスン料を支払う方もおられます)

(※被災地とも言える東京での活動であることを鑑み、今年は入塾費を見直しました。)

1年間を通じて稽古をします。
なるべく負担が少なく、なるべく常に稽古に出られるように、集まったメンバーと相談して、稽古の日程を決めていく予定です。
稽古は週3回〜5回。
稽古の進め方は…………まず、戯曲を選び、台詞を覚えます。そして、シーンを作ってみましょう。他者を演じてみましょう。言葉を交わしてみましょう。もし、稽古で行き詰まったら、そこで基礎に戻ります。自分がどんな声を出したいか、課題が見つかったところでボイストレーニングの開始です。
すべては、実際に演劇を作ること、演じることから始まります。
作品が出来たら、お客さんに見てもらいましょう。
舞台があって、俳優がいて、観客がいて、はじめて演劇です。
人生の中で、1年、演劇のことだけ考えて暮らす、そんな時間を共にしませんか?
戯曲を通じて「他者を演じる」うちに、歌うこと、踊ることも出てきます。
身体訓練も必要になるでしょう。
演じるために必要な稽古を、どんどん企画していきます。
その都度、魅力的なトレーナーのお世話になるでしょう。
1年の終わりには、プロのスタッフワークで、作品を上演します。
期間終了後は、進路の相談に応じます。
POLYPHONICでは、俳優教育だけではなく演劇の企画・上演も始める予定ですので、
ともに活動する俳優として所属していただくことも出来ます。

稽古場は、都内、特に新宿近辺のスタジオと小劇場を予定しています。
詳しい稽古の内容など、なんでもご質問ください。
開かれた、自由な稽古場に、していきたいと思っています。

■ワークショップコース

■ ワークショップ(不定期・年齢経験不問)……1回5千円〜2万円


1日〜10日間くらいの間で完結する稽古です。

テーマを決めて、不定期に実施します。

プロの俳優が、仕事と仕事の合間に参加できるリフレッシュコースを目指します。

事務所、劇団等、団体からの開催希望にも応じます。

2008年9月11日 (木)

■SATURDAY LESSON

■ SATURDAY LESSON……月3〜4回 入所費2万円 月額2万円

・学生の方
・働いている方
・プロ志向ではないけれど俳優の仕事に興味のある方
・40代50代以上の方の入門コースとして

 問合せ、また希望が多いので、土曜日のみのコースを作ることにしました。

 土曜日だけのコースです。1年を通じて参加できる方を求めます。
 俳優修業のコースに、途中振り替えが可能です。(学生の休暇中など)  
 土曜日の稽古が、日曜日に変更されることもあります。

2008年9月10日 (水)

■個人レッスン

■ 個人レッスン……(1レッスン 2時間〜4時間 1レッスン 1万円〜  応相談)

・オーディション前の、合格対策に
・仕事と仕事の合間のブラッシュアップに
・声を育てたい方
・表現力を広げたい方
・俳優に必要な集中力を見につけたい方
・演じる自分を柔らかくしたい方
・音感をよくしたい方
・日本語をもっと楽しみたい方


個人レッスンの、親密な時間だから見つかることがあります。

演劇を創る現場で、わたしはたくさんの俳優と個人レッスンで出会ってきました。
親密に、丁寧に、俳優と向き合うことで、心と体が開かれていきます。
経験値と、立ち向かう真剣さで、俳優の求心力を形にしてきました。


稽古場があれば出向きます。なければ用意します。
時間、料金、期間など、すべて相談に応じます。

……個人から、事務所・劇団等の団体から、まずはご連絡ください。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »