« コリコリした青い果実のように。 | トップページ | 救われてばかり。 »

2010年9月 7日 (火)

嫌悪の果て。

わたしはひどい奴だと、
嫌悪して嫌悪して、
その果てに見えてくる、
演劇への忠誠心。

曲げられないものは曲げられない、
でも、愛して愛して愛したおす。

わたしの目の中には、
今日の稽古場で、
俳優たちが見せた笑顔の残像。
涙の連鎖。

嫌悪の果てに、
わたしの愛情が、
生み出そうとしているものに、
救われる。

« コリコリした青い果実のように。 | トップページ | 救われてばかり。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。