« あと2日。 | トップページ | 夢から醒めない。 »

2010年10月11日 (月)

千秋楽を前に。

感傷的になることなどない。

毎日、少しでも先に行きたい。
毎日、いいものを大事に守りたい。

明日も、同様。

Nishitani
(撮影:橋田 欣典)

写真は、「悪魔の絵本」の心情を支える、ヴァイオリニスト西谷国登さん。
彼もまた、毎日、毎回、瞬間瞬間、五感を全開にして音を生み出してくれています。

6m四方の舞台に、
小さな楽器から豊かな音が流れ出します。
あるときは、吐息のように、
あるときは、霧のように、
あるときは、朝の鳥のように
あるときは、弾む足取りのように、
あるときは、愛を求める指先のように、
あるときは、幸福を描くリボンのように、
あるときは、解放を謳う陽の光のように、
あるときは……。

この作品を生み出す前から構想していた音を、
実際に劇場で聞ける喜び。
選曲したメロディーたちが、
演奏家を通して、芝居を通して、
育っていくのを見守り味わう喜び。

こうして、音楽と喜びを共有できるのも、
Theatre Polyphonicならではのこと。

「悪魔の絵本」、明日が千秋楽。
若干枚数の当日券が出ます。
劇場にて、お待ちしております。

« あと2日。 | トップページ | 夢から醒めない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あと2日。 | トップページ | 夢から醒めない。 »