« 美しい風景。 | トップページ | 初日が開き。そして、明日。 »

2010年10月 1日 (金)

初日前夜。

明日は、最後まであきらめない追い込みをかけよう。
興奮しているけど、醒めている、変な気分だ。
ずっとこの時を待っていたような、
永遠に来てほしくない日を迎えてしまったような。
……いずれにしろ、わたしのこの日のために、ずいぶん長い時間を過ごしてきたのだ。

美しい芝居に仕上がった。
明日観るお客様は、これをどう感じてくださるだろう。

ともに創り上げた、谷賢一さんのことを想う。
歳の離れた戦友は、今日、1日早く初日を迎えた。
どうしているだろう?
わたしの「悪魔の絵本」を、彼は受け取ってくれるだろうか?


« 美しい風景。 | トップページ | 初日が開き。そして、明日。 »

コメント

昨日、はねたあとで、突然、声をかけた者です。
どうも失礼しました。
(私の素性は松田さんにきくとわかります。物書きです。戯曲は書いてないです)

……芝居の感想ですか!?
うーんと、そうですね、過去を語る面々は、今よりも、ひとりふたり、少なくてもいいような気がしました。

ちなみに、わたしも、自分で自分のことは、アスペルガーと診断しています。アスペルガー人間は、日本で生きていくのはなかなかに大変です。

それでは、楽まで、がんばって下さい。

あ、追伸です。

高校は、わたし、演劇部で、楽屋をやりました。
(私は音響です。)

今から振り返れば、楽屋という芝居は、高校生にはこなせる芝居ではないですね。

松田さんは、妹キャラだ(というと本人怒るかも)から、てっきり、女優Dをやるかと思ってました。

……また石丸さんの次の芝居も、みにいければと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美しい風景。 | トップページ | 初日が開き。そして、明日。 »