« NY公演"Color of Life”を知って頂く資料たち、まとめ。 | トップページ | NYの蛍〜NY滞在日記(6/21〜29) »

2013年6月19日 (水)

きもち。

あさっての早朝、日本を発つことになっている。

あと残り1日。
私塾を開設して5年目を迎えているが、今回初めて、長い休みをとる。
本当にわたし個人だけで教えている私塾なので、わたしがいなければ基本休みなのだ。
いつも公演の時は、昼間私塾、夜公演稽古という風にしているので、公演前の追い込みまでは休むことがなかった。でも、今回は日本を離れてしまう。
今日は休み前の最後のレッスン。
新人中心の稽古が続く中。
「テネシーの女たち」の本番以来休んでいた齋藤穂高が、久しぶりにやってきた。
今、男性は「ジュリアス・シーザー」の中のアントニーの有名な演説シーンをテキストにしているのだが、この長い長い台詞を、ほぼ完璧にいれてきていた。役作りにはいろいろ問題があったものの、その努力は素晴らしかった。シーザーの遺体を前にして、初立ちから目を赤くしていた。
ああ、成長したんだなという実感があった。
稽古が終わる頃に、ふと稽古場の後ろを見たら高木拓哉がいる。
稽古場を出ようとしたら、間宮あゆみがやってくる。
二人とも、稽古には出席ではないのに、わたしに会いに来てくれた。
ごはんでも一緒に食べたかったけれど、わたしは区役所に時間外でアポをとっていたので叶わず、雨宿りしながら立ち話をした。
そして、あゆみがわたしに、「きもち」と書いてある封筒を渡してくれた。
一期から五期まで、新旧の私塾生に連絡をとってくれて、わたしに餞別をくれたのだった。その「きもち」にくらくらした。
「きもち」という封筒に、私塾にまつわるあらゆる記憶が蘇った。そこには懐かしい名前がいっぱいあった。
……ありがとう、みんな。
「きもち」に支えられている。
それは、わたしの「きもち」から始まったものでもある。
でも、わたしの愛し方は激しすぎたりして、かなり問題がある。わたしという人間は欠点だらけだ。でも、いまや、長いつきあいになった教わる方がしっかりわたしの欠点も知ってくれていて、演劇に関わるわたしのいい部分を、大事にしてくれる。
やっぱり、彼らの「きもち」に支えられているのだと思う。
明日は朝から、お世話になっている人に会う予定。
「きもち」には「きもち」で応える。
わたしの「きもち」は、愛には変わりないけど、演劇であり、舞台だ。

« NY公演"Color of Life”を知って頂く資料たち、まとめ。 | トップページ | NYの蛍〜NY滞在日記(6/21〜29) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。