« 「トロイラスとクレシダ」の後に。 | トップページ | 二人の狂人。 »

2015年7月21日 (火)

丁寧に。丁寧に。

丁寧に、丁寧に、稽古している。
そうでなければ、出会っても虚しい。
そうでなければ、痛むのは自分自身だ。
予定されていた俳優塾の稽古を休みにさせてもらって、
(それはそれで、集まってくれる俳優に申し訳なかったが、身体を二つに出来なかった。)
木ノ本嶺浩君の稽古に集中している。
どこまでも丁寧に、分け合って稽古したい。
木ノ本君は、真摯に、懸命に、台本と演出家に向き合ってくれている。
一人芝居向けの手慣れた演出方法なんて、一切なぞるものか。
毎日、新しい向き合い方、伝え方を、わたしも模索している。

« 「トロイラスとクレシダ」の後に。 | トップページ | 二人の狂人。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「トロイラスとクレシダ」の後に。 | トップページ | 二人の狂人。 »