« あの頃、蜷川さんと。 | トップページ | 父譲りの儀式。 »

2016年5月22日 (日)

「Angel」脱稿。

脱稿。また一作。
今日起きてから、どんな風にこの時間に辿り着いたか、
まったく覚えていない。

ごはんを食べて、お風呂に入って、少しワインでも飲んで、
執筆の友である白猫にご褒美をあげて、
印刷して、そして、推敲の時間を過ごそう。
そして、演出家に戻ろう。

======

新作「Angel」
6月24日〜26日
@ニッポン放送 イマジンスタジオ
脚本・演出 石丸さち子
出演 大野幸人

大野幸人の心と身が、痛々しいまでに揺れる作品になりそうです。
自分の体内に、一生消えないスティグマ(汚名/聖痕)を抱えてしまった男の物語です。
かつてアイドルと呼ばれた男の、一生に一度の恋の物語です。

ストイックなまでにストレートプレイです。
それでいて、激烈に、艶やかに、踊ります。

6月は、表現者大野幸人との一騎打ち。
わたしの現在を、すべて投入します。

演劇だからできること。
演劇なのにできること。

大野幸人が踊る人だからできること。
これまでの彼を越えたこと。

そして。

石丸さち子だから創れること。
これまでのわたしを越えたこと。

以下、公式ホームページと、
チラシに掲載したティーザーです。

=====
http://angel-theater.info

かつて “アイドル"と呼ばれた青年は、
彼を熱烈に愛した人々の世界から姿を消した。
その消息は謎のまま。

かつて “アイドル"と呼ばれた青年は、
彼が見つけた “新しい世界”と呼ぶ場所に、
高い塀を建てて暮らしている。

傷ついても、なお愛する人を呼びながら……。

奇妙な独居の中で綴る、
長い、長い、ラブレター。
終わりのない、求愛のダンス。

« あの頃、蜷川さんと。 | トップページ | 父譲りの儀式。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あの頃、蜷川さんと。 | トップページ | 父譲りの儀式。 »