« 楽屋三日目。 | トップページ | 「Angel」にまっしぐら。 »

2016年5月 1日 (日)

楽屋終演。

「楽屋」終演。
清水邦夫戯曲と出会って30年の蓄積で戯曲を丹念に読み込んだ。
偶然集まった女優たちの心と身体と真正面から向き合って読み込んだ。
実に正攻法だが、戯曲に書かれた時代の要請、時代を超えたもの、楽屋に蓄積しているだろうあらゆる憧れと痛みを、洩らさず舞台にのせたかった。

四公演終えて、へとへとになった女優たちと、ソフトドリンク中心の打ち上げ。
「楽屋」との。燐光群フェスティバルとの。共演者との。演出家との。あらゆる出会いが幸福だったと皆が言い合う、幸せな時間になった。

大事な女優たちよ。お疲れさま。
しばし人間に戻り、ただの女に戻り、
また一緒に闘いにいこうね。
闇の向こうで待ってくれている観客に、
また再び会うために。

« 楽屋三日目。 | トップページ | 「Angel」にまっしぐら。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽屋三日目。 | トップページ | 「Angel」にまっしぐら。 »