« 「Angel」立ち稽古初日。 | トップページ | わたしは幸せです。 »

2016年6月 9日 (木)

立ち稽古中。

わたしは、いつも、早く全景が見たい。
そこではじめてわかることが多いので、
とにかく最後まで走ってから、細部を穿つ。
終景を見るまで、体力も気力もぎりぎり。
俳優も、演出も。
でも、こんなに面白い仕事ないと、毎日思う。
そして、こんなに大変なのに、彼はとても楽しそう。
いいな。


===

立ち稽古2日間飛ばしてきたので、早くも、壁にぶち当たる。
ぶつからなければ、それがどんな壁なのかわからない、
だから、早く当たってしまうに限る。
何が起こっているのか、何にぶつかっているのか、確認し、対話しながら、あきらめない稽古。
そして、また希望が見えて終わった。
よし。

===
今日の稽古を終えて。
膨大な台詞、負荷の高い演出、
とんでもない高いハードルを、わたしは大野幸人の前に、
これでもかと並べていると実感。
彼は体当たりで越えてきます。
そして、役を演じる中で、
台詞表現からシームレスに踊りはじめる時の魅力と言ったら!
欲深く進みたい。

« 「Angel」立ち稽古初日。 | トップページ | わたしは幸せです。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「Angel」立ち稽古初日。 | トップページ | わたしは幸せです。 »