« ▶デビー・レイノルズ母娘を悼んで | トップページ | ▶2016年最後の電話は父 »

2016年12月31日 (土)

▶2016年の作品たち

1月「盲目のジェロニモとその兄」(構成・演出)
3月「Color of Life」(作・作詞・演出)
4月「楽屋」(演出)
6月「Angel」(作・演出)
10月「スカーレット・ピンパーネル」(逆翻訳/演出補)
10月「ダニー・ボーイズ」(原案・作詞)
11月「この泡の消えるまで」(作・作詞・演出)
12月「I LOVE MUSICAL」(構成・演出)

喜怒哀楽、様々に揺れた本年ですが、
終わってみると、やっぱり、すべての出会いに感謝。
本当に、すごい出会いの日々だった!
今年出会った人の顔を一人一人思い浮かべて、
「ありがとう!」「愛してる!」って言い続けよう。
怒髪天を衝く勢いで怒ったこともありましたが、
それも創作エネルギーに変えちゃいますので、
今となっては差し引きゼロ。
そうじゃないと、生きてけない、でしょ。

そして、ご覧いただいた観客の皆様に、改めて心よりの感謝を。

それにしても。
あんなに忙しかったのに、四六時中仕事してたのに、
挙げてみるとこれだけ。
演出だけでなく、書くことを始めてから、
ただひたすら勉強・研究している時間が長くなりました。
恐らく、来年も。
愚直に、続けます。

« ▶デビー・レイノルズ母娘を悼んで | トップページ | ▶2016年最後の電話は父 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ▶デビー・レイノルズ母娘を悼んで | トップページ | ▶2016年最後の電話は父 »